お布団宇宙ねこ

にゃーん

バ美肉ライブをしたよ

先日、会社のイベントで3Dモデルを利用したライブ配信バ美肉ライブを行いました。

youtu.be

バ美肉とは

バ美肉とは、「バーチャル美少女受肉」あるいは「バーチャル美少女セルフ受肉」の略である。バーチャル美少女として受肉することを指す。

バ美肉とは (バビニクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

私のバ美肉についてはこちらの記事に書きました。

ku00.hatenablog.com

事の発端

これに乗ってくれた方がいたので、やること何も決めてないけれどやるぞ!ということになりました。勢いしかない。

ちなみにこれをやると決めた当初は会社のイベントに合わせてやる予定はなかったのですが、できたら絶対に面白いだろうなあと思ったので間に合わせました。イベントの10日前の出来事でした。

VR開発合宿は難しい..?

このツイートをした当初はどこかのVRプラットフォームに入ってその空間に集まってプログラミングやモデリングなどの作業をやる開発合宿のようなものを想定していたのですが、以下のような問題から難しいねという話になりました。

  • 各々の環境によって入れるVRプラットフォームが制限される
  • HMDを着けながらの作業は難しい

VRChatやclusterなどVRプラットフォームはいくつかありますが、対応するHMDやOSがまちまちなため、各自が持っている機器によってはVRでの参加ができないことがあります。 今回の場合は自分はVIVE Proを持っていて、先方はOculus Goでしたので、そもそもPC対応のみのプラットフォームは使えないねという話になりました。

また、そもそもHMD着けながら作業は無理があるというのも、VR空間上でのキーボード操作のしにくさや物理ディスプレイが見えないなどの問題からも明らかですね。 絵を描いたり、スライドを見せながらプレゼンをするなどの作業ならできるプラットフォームならいくつかありますが..。

肉体はそのままで作業する

リアルの肉体をバーチャルに置きながら開発作業をするのは難しいことがわかったので、肉体はそのままでできる方法がないか考えました。

結論、2D・3Dモデルをカメラでトラッキングさせて通話しながら作業するという方針になりました。 これならプラットフォームやHMDに依存せず、かつHMDによって作業が阻害される心配もありません。

参考までに私の好きなVTuber月ノ美兎さんの動画を載せておきますね。

youtu.be

バ美肉ライブを支える技術

できたもの

YouTubeから配信を見ている人からはこんな感じで見えています。

f:id:ku00:20180909191428p:plain

会社のイベント会場にいた人にはスクリーンを通して配信を見てもらう感じでした。

f:id:ku00:20180906195556j:plain

システム構成

以下の図のような感じのシステム構成で配信しました。

f:id:ku00:20180909191521p:plain

ポイントは以下の3つです。

  • 3Dモデルの制御は全て3teneを通して行っていること
  • リアル体の声を恋声を利用して変換していること
  • 配信映像の作成はOBSで行っていること

3tene(ミテネ)というアプリが画面上で3Dモデルを動かせてVRMにも対応しており、今回の条件にマッチしたので利用させていただきました。 ウェブカメラやマイクがあればそれぞれのデバイス入力をもとにトラッキングできるのが最高ですね。

次に恋声による女声への変換ですが、これは私のバーチャル体の世界観として取り入れたものではなく、あくまで実験的な試みでした。 恋声は用意されているプリセットの変換だけだとどうしてもボイスチェンジャー感が出てしまうので、事前にある程度のチューニングと調声をしました。しかし、当日のマイクの音量や声のコンディションによってだいぶ左右されてしまい個人的には満足のいく声にはならなかったと思っています。

最後に今回初めて動画配信をしたのですが、映像を作るのも配信するのもOBSがいい感じにやってくれるので助かりました。

映像の合成は基本的にシーン(画面レイヤーみたいなもの)の順序を決めてキャプチャして配置することと、3Dモデルのキャプチャはクロマキー合成を使ったことくらいです。配信を一緒にやる予定だった方がご多忙のため今回不参加になってしまったので、Discordなどによる画面共有はやりませんでした。

あとは、映像にのせる音声が恋声で変換した音になるように仮想オーディオ(VB-CABLEなど)を入れたり、変換後の音声にはノイズが混じってしまうのでOBSのノイズ抑制を入れたりマイクの最大音量を下げる代わりにゲインを上げたりして調整していました(結局ノイズがのってしまいましたが..)

感想・反省

勢いだけで決まった初配信で一人で喋ることができるのかわからなくて始める前は緊張で死にそうでしたがトラブルなくなんとか終えることができました。

受け手がどれだけいるのか、どんな反応をしているのかを見ることができず、技術カンファレンスのような登壇とはまた違った怖さがありましたが、会社のSlackチャンネルのコメントやYouTubeのチャット欄が大変励みになりました、皆さんありがとうございました! インターネットあたたかい..

一方でライブ配信することに集中しすぎて、会社のイベント会場のことをほとんど考慮できず申し訳なかったです。配信用のPCを会場にも用意して、Slackチャンネルやスレッドを立てて質問を募ったり、Discordで会場と中継したりなどコミュニケーションの取り方はいくらでもあったなと思いました。次回以降改善します。

書き切れないくらい感想・反省がありますが、会社の人に「かわいかった!」「自分も参加して女子会やりたい!」という反応をもらえただけで今回のライブ配信やってよかったなあと思ったのでした。

改めまして、スクリーンなどの会場の設営をしてくれた会社の方々、配信を見てくださった皆さま、本当にありがとうございました!!!

(見てない方はアーカイブ見てね)