読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お布団宇宙ねこ

Haskell ねこ

Haskell で『ゼロから作るDeep Learning』(3)

『ゼロから作るDeep Learning – Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』 の読書メモです。 今回は 「4.5.1 2層ニューラルネットワークのクラス」の手前まで。 前回 次回 4章 ニューラルネットワークの学習 学習 この章でいう学習とは、訓練データから…

『デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ』を読んだ

デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ (Software patterns series)作者: アラン・シャロウェイ,ジェームズ・R・トロット,村上雅章出版社/メーカー: ピアソン・エデュケーション発売日: 2005/09/16メディア: 大型本購入: 51人 クリック: 615…

Haskell で『ゼロから作るDeep Learning』(2)

『ゼロから作るDeep Learning – Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』 の読書メモです。 今回は 「3.6 手書き数字認識」の手前まで。 前回 次回 3章 ニューラルネットワーク ニューラルネットワークとは パーセプトロンでは人力で重みを決めていく…

Haskell で『ゼロから作るDeep Learning』(1)

『ゼロから作るDeep Learning – Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装』の読書メモです。 www.oreilly.co.jp この書籍のサンプルプログラムは Python で書かれていますが、表題の通り自分は Haskell で書いていきます。 今回は、2章全部です。 2章 パ…

『Effective Ruby』を読んだ

Effective Ruby作者: Peter J. Jones,arton,長尾高弘出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2015/01/09メディア: 大型本この商品を含むブログ (13件) を見る なぜ読んだか Ruby は一応書けるけれど、実践的なコードを書くことになったときに発生する問題を解決する…

『コンピューターで「脳」がつくれるか』を読んだ

gihyo.jp 発売前から大人気だった kazoo04 さんの『コンピューターで「脳」がつくれるか』を読みました。 元々人口知能には興味があったのですが、書店で目にする人口知能を扱った書籍は自分にとっては難しいものばかりで、 集合知プログラミング に手を出し…

『Rubyによるデザインパターン』を読んだ話

Rubyによるデザインパターン作者: Russ Olsen,ラス・オルセン,小林健一,菅野裕,吉野雅人,山岸夢人,小島努出版社/メーカー: ピアソン桐原発売日: 2009/04/01メディア: 単行本購入: 13人 クリック: 220回この商品を含むブログ (67件) を見る ピアソン・エデュ…